Top > 多読読書記録(英語) > manga > リボンの騎士―バイリンガル版 (1)

« Movable Type公式タグリファレンス | main | Firefox拡張機能プラグイン『Web Developer 0.9.3 日本語版』 »

2005-04-14

manga

リボンの騎士―バイリンガル版 (1)

リボンの騎士バイリンガル版は目が回るって話です。
英訳のmangaって最初はすごく慣れないです。まず全部大文字。これが結構キツイ。そして台詞も1単語1行だったりするので読みにくい。

でも不思議なものです。慣れちゃうんですよ。
でもって慣れてしまうと全く気にならなくなります。
逆に吹き出し丸々がぼっと読めてしまう気配さえ。(ほんとほんと)

そうなると、難儀なのがバイリンガル版。

バイリンガル版は、コマの外に日本語訳が記載されています。
日本人ですから、無条件に日本語が目に入る。
そうすると、気持ちよく読みたいのに、この日本語訳が邪魔をする。
吹き出し読んでいるつもりが、枠外に目が行って、なんだか同じところばっかり読んでいる気になる。
しまいには、目が回ります。気持ち悪い。(私は三半規管が軟弱なせいもあり、目が回りやすい)

【結論】バイリンガル版は、多読仲間にはお薦めしにくい。

とはいえ、バイリンガル版でないと読めない名作もありますから、やっぱり興味さえあれば手にとってもらいたいなー(どっちだ!)

つまり、目は回りますが、リボンの騎士は面白い。(爆)
子どもの頃に見たアニメしか知らなかったので、サファイアが誕生したころのお話とか、さまざまな試練とか、知らなかったことが多くてドキドキハラハラ、時には目が回ってクラクラしながら読んでいます。